裏磐梯 五色沼 ふくろうのいるペンション オーベルジュ渓翠館 五色沼のご案内

看板ふくろうの蛍です
施設 お食事 アクセス 料金とご予約 レジャー情報
トップページ >レジャー情報 >裏磐梯の観光情報>五色沼のご案内 サイトマップ

五色沼のご案内

裏磐梯を訪れた方の多くが訪れる五色沼
明治21年7月15日に起きた磐梯山の噴火(水蒸気爆発)は当地に大きな犠牲と災害をもたらしました。桧原湖をはじめとする大小の湖沼群はその時に生まれました。なかでも水質、成分、藻、プランクトン、太陽光などの影響を受けてエメラルドグリーン・コバルトブルー・赤・青等に色づいている大小40以上の沼の総称が五色沼です。(探勝路から見えるのは10個程度です。)
太陽光の入射角によっても色が変わるため朝、昼、夕、また季節によっても色々な表情をお楽しみいただけます。
また、冬季でも氷結しない沼が多くスノーシュー(西洋かんじき)を使ってのガイドツアーもございます。
全長約3.6キロ、所要時間ゆっくり歩いて一時間30分程度、高低差も少なく歩きやすい遊歩道です。
残念ながら出発点から終着点の間を行き来する交通手段が路線バスやタクシーなどに限られて少ないのでご注意下さい。
五色沼のルートマップもご用意いたしました。別ページで開きますのでこのページとともにご利用下さい。

強酸性の沼が多くむやみに沼の水をさわるのはお勧めできません。
また、強酸性の湿地や水中に生えるウカミカマゴケ等の水草も棲息しておりサンゴのような群生もみられ、薄い黄色やきつね色に見えます。
参考までにPH値を表示しました。7が中性で数字が小さくなるほど酸性が強くなります。4.6以下の雨を酸性雨と言います。
  

各沼のご案内

毘沙門沼 毘沙門沼(びしゃもんぬま)
エメラルドグリーンの水が美しい五色沼で最大の沼でバックに磐梯山をひかえて記念写真にも最適です。駐車場からも近く手漕ぎボートのレンタルも有ります。
水深13m 透明度5m PH5程度 冬季は一部凍結 
赤沼 赤沼(あかぬま)
水の色は緑色ですが強酸性の水と鉄分影響で周囲の葦や湿地の一部が赤くなっています。
水深4m 透明度4m PH3.8 冬季も凍りません
深泥沼 深泥沼(みどろ沼)
1つの沼に少なくとも青、赤、緑の3色がある世界的にも珍しい沼です。
水深4.6m 透明度2.1m PH5.8 冬季も凍りません
竜沼 竜沼(たつぬま)
季節や天気によって水色や緑に見える沼です。
水深9m 透明度5.8m PH6.2 冬季も凍りません
弁天沼 弁天沼(べんてんぬま)
毘沙門沼に次ぐ大きさの沼です。水色やエメラルドグリーンに見えます。また水面が静かな時は水生植物のウカミカマゴケの緑色が縞模様を作ります。
水深6.7m 透明度4.0m PH4.5 冬季は結氷します
瑠璃沼 瑠璃沼(るりぬま)
濃緑色の沼です。ウカミカマゴケの群生も見られます。木々が茂る前の春には沼の向こうに磐梯山も見えて沼に映ります。
水深9m 理論的透明度21m PH4.3 冬季も凍りません

※理論的透明度・・・水深以上に透明度が高く計測出来ないため理論的に推測した値
青沼 青沼(あおぬま)
その名の通り青い沼です。水深が浅いためウカミカマゴケが水面近くまで上がっていて薄い黄色の模様が確認できます。また、沼にかかる木々の枝が白いのは漂白されて沼の成分が付着しているからだそうです。
水深5.7m 理論的透明度10m PH4.6 冬季は部分結氷
柳沼 柳沼(やなぎぬま)
無色の沼で弱酸性のため魚類も生息しています。
水深12.2m 透明度3.3m PHは6.5 冬季は結氷します。
   
五色沼の四季 五色沼の四季
1988年から五色沼を観察、撮影している方のホームページです。五色沼の風景アルバムと詳しい解説です。季節や年によって表情を変える五色沼の姿をお楽しみ下さい。
  
トップページ施設のご案内お食事のご案内アクセス宿泊料金とご予約レジャー情報塗り絵コンテストペット宿泊情報
風景写真撮影桧原湖スモールマウスバス釣り桧原湖・小野川湖ワカサギ釣り

裏磐梯 ペンション 五色沼の宿泊施設

オーベルジュ渓翠館
福島県耶麻郡北塩原村桧原小野川原1092-44
TEL0241-32-2610